R&D(研究開発)

F573

適応症

急性肝不全、慢性肝不全急性化(ACLF)治療薬

用途

F573は、細胞死や炎症反応で中心的役割を果たしている酵素であるカスパーゼに対して、強力で不可逆的な素材効果をもつ肝細胞死阻害剤として米国企業EpiCept社(現Immune Pharmaceuticals Inc.)が開発したジペプチド化合物であります。中国は、B型肝炎ウイルスが原因で、世界でも大きな肝疾患市場となっており、重症肝炎の最終ステージにおいて、大規模な肝細胞死が発生する可能性があります。現存する抗ウイルス剤以外、残された選択肢である肝臓移植は大変高価な最終手段であり、早急な新薬の開発が望まれるところです。

臨床開発

当社グループは、アジア、豪州及びニュージーランドにおいて開発を行う権利を取得しております。F573の合成法等について効果的な製法を開発し、これをもって体系的に前臨床試験を行っています。その結果、様々な肝不全動物モデルにおいて、F573が強力な細胞死の阻害並びに生存率改善を示したことを受け、2011年7月に上海食品薬品監督管理局(上海FDA)に対し、新薬治験許可(IND)申請書を提出しました。