R&D(研究開発)

アイスーリュイ(中国語:艾思瑞®

用途

原因不明の間質性肺線維症である特発性肺線維症(IPF)、また、肺及び縦隔がんに対する標準的な治療である放射線療法の結果としての放射線性肺炎、結合組織疾患を伴う間質性肺疾患、糖尿病患者の慢性腎臓病である糖尿病腎症に対し、アイスーリュイ(中国語:艾思瑞®)の抗線維化、抗炎症、抗酸化作用によって肺、腎臓の線維化進行を効果的に抑制し、夫々の病態の進行を遅延させます。

臨床開発

当社グループでは、中国において、線維症治療薬として、アイスーリュイ(中国語:艾思瑞®)の用途特許を取得しております。上海ジェノミクス有限公司 は、中国国家食品薬品監督管理局(SFDA(現・国家食品薬品監督管理総局(CFDA))許可の下に(1)特発性肺線維症(IPF)治療、(2)放射線性肺炎(RP)治療、(3)糖尿病腎症治療(DN)、(4)結合組織疾患を伴う間質性肺疾患(CTD-ILD)治療薬用に開発を進めており、(1)特発性肺線維症治療に関しては、平成23年9月に新薬承認を取得し、続いて平成25年12月に製造販売許可を取得後、平成26年2月より販売を開始致しました。

一方、(2)放射線性肺炎治療に関しては、第3相臨床試験前のパイロット試験開始、(3)糖尿病腎症治療に関しては平成25年1月に、(4)結合組織疾患を伴う間質性肺疾患(CTD-ILD)治療薬は平成26年12月に新薬治験許可申請(IND)しております。