ジーエヌアイグループについて

役員一覧

イン・ルオ / 取締役・代表執行役社長兼 CEO

上海ジェノミクス有限公司の共同設立者であり、当社の取締役・代表執行役社長兼CEO。
生物医学研究で20年以上の経験を持つ起業家で科学者。
1982年北京ユニオン医科大学で学部課程を修了、1991年米国のコネティカット大学ヘルスケアセンターで理学博士号を取得。1993年からカリフォルニア大学サンフランシスコ校にてポスドクとしてHIVに関する研究を行う。
上海ジェノミクス有限公司設立以前は、米国バイオベンチャー企業アビロンやクロンテック・ラボラトリーズ・インク、そしてNASDAQ上場企業のライジェル・ファーマシューティカルスでゲノム創薬部門ヘッドとして経験を積む。現在、上海ジェノミクス有限公司の董事長兼CEO、北京コンチネント薬業有限公司の董事長、GNI Hong Kong Limitedの董事長、GNI USA, Inc.及びBerkeley Advanced Biomaterials LLCの取締役、Cullgen Inc.のChairman兼取締役、Cullgen (Shanghai) Inc. の董事長等を兼任。

ジョセフ・フランシス・マイヤー / 取締役執行役CFO

投資銀行、資産管理会社、証券取引所などにおいて40年近く金融サービスの経験があり、それぞれでエグゼクティブ・コミッティや上級マネジメント職を歴任。GNIへの参加および香港での再生可能エネルギーに焦点を当てた1年間の「サバティカル」前は、プライベート・エクイティ・ファンドであるJ.C.Flowersからその投資先であるChi-X Asia Pacific Group(現在のCBOE Asia Pacific)に派遣され、COO、CFO、および取締役を務める。それ以外にも、ニューヨークと東京にあるアフラックのグローバル・インベストメント部門、香港証券取引所、日本の新生銀行、ニューヨークのドイチェ・アセット・マネジメント、東京のドイツ証券などで勤務。1982年にニューヨークのMorgan Guaranty Trustでキャリアをスタートし、1987年にMorgan Stanleyに移り、1992年に東京、1995年に香港に拠点を移したが、2000年にドイツ銀行グループに加わった際、日本に戻る。1979年にコルビー大学で政治学および東アジア研究の学位を優等で取得し、卒業時にトーマス J. ワトソン・フェローシップを授与される。現在は大学のBoard of Visitorsのメンバーを務める。彼はまた、日本のアメリカン・スクールの評議員も務めた。

トーマス・イーストリング / 取締役

30年以上にわたり国際金融、M&A、事業開発に携わり、その大半をアジアで行う。ウォールストリートのNikko Securities Co, International Inc.に入社後、最終的には投資銀行業務・Syndicate Divisions のSenior Vice President & General Managerとなる。1990年後半、Duff & Phelps Credit Rating Co.の代表として東京へ移住。その後Managing Director としてSoftbank Corp.の戦略計画やIRを行う。2009年にDirector of the firm's Transaction Advisory Servicesとして香港のAmerican Appraisalに移籍し、香港のプライベート・エクイティ・ファンドにてnon-executive Directorを務めた。2013年9月より、当社執行役として日本で職務に就く。University of Southern California卒業し、American School of International Managementの修士号を取得。

指輪 英明 / 社外取締役

大和証券やクラインオート・ベンソン、ゴールドマン・サックスといった大手証券会社に勤務。同時に会社経営の見地も持ち合わせている。早稲田大学商学部出身。現在、日本コンシェルジュ株式会社代表取締役社長及びGIキャピタル・マネジメント株式会社代表取締役副社長を兼任。

鈴木 勘一郎 Ph.D. / 社外取締役

野村総合研究所(NRI)において、投資調査や経営コンサルティングなどを20年以上経験した後、ジーエヌアイの前身、Gene Networks, Inc(GNI)の創業メンバーとしてGNIグループの発展に大きな役割を果した。2009年から立命館アジア太平洋大学教授としてリーダーシップや組織機能、国際経営、ESG経営などについて研究を行い、学術論文や図書を多数出版している。同大学名誉教授。早稲田大学政治経済学部を卒業。米国UNC Kenan-Flagler Business Schoolから経営学修士号(MBA)を、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科から博士号(PhD)を取得。また米国スタンフォード大学フーバー研究所客員研究員であった。

厳 浩/ 社外取締役

EPSホールディングス株式会社の創立者であり、当社の社外取締役。 1962年11月中国江蘇省生まれ。1979年天津大学電子工学科入学。1981年、国費留学生として日本に留学。山梨大学卒業後、東京大学大学院博士課程で医学統計学を学び、同時に臨床試験の研究・実務に携わる。 1991年5月株式会社エプス東京(現EPSホールディングス株式会社)創立。2001年7月CRO企業として初めてのJASDAQ上場、2006年9月東証一部上場。 現在、EPSホールディングス株式会社の代表取締役、一般社団法人日本中華總商会の代表理事、特定非営利活動法人日中医学交流センターの副会長、山梨大学客員教授、一般財団法人LHS研究所の理事を兼任。